自社サービスのコンテンツが増やせない

SEO対策コラムseo対策

定期的に自社サイトの更新って何を更新したらいいの?

よくわからない

例えば、新商品や新サービスや事例などないですか?

うちはコンサルタントなので個別案件に関しては秘密保持の為コンテンツが作れない そんな場合どうすれば?

例えば名前を伏せて、具体的な表現もさけ、おおよその事例なども書けないでしょうか?

ホームページから電話での質問が多くて、その対応で1日終わるため、コンテンツを作る時間がない

電話で質問を頂いた内容をコンテンツにすればよいのではないでしょうか?例えば質問の答えになるようなコンテンツがあれば、そもそもお客様が電話する機会がなくなり、御社の信頼性があがるのではないでしょうか?

医院の為、サービスの効果効能は薬事法に抵触の恐れがあるのでどのようにコンテンツを増やせばよいのでしょうか?

例えば機器の説明や待合室の風景など、環境を説明するのはいかがでしょうか?また主体が人のサービスは、先生自体の人となりがわかるコンテンツがあっても集客や問合せ率につながると思います。

そもそもホームページを更新しないで集客がしたいのですか?

そもそもお客様が求められているのはSEO対策なんでしょうか?
クリック広告の方が即効性は強いと思います。

seo対策以外にコンテンツを増やすメリットはありますでしょうか?

実はものすごくあります。
下記にて説明しますね。

seo対策だけでないコンテンツを増やすことのメリット

まず第一に2020年9月3日現在非常にグーグルのロボット巡回が早くなっております。

単純に○○作れますよっといったこともこういう特徴の○○作れますよっというページがたくさんあった方が今後集客&お問合せ率につながっていくと思います。

というのも時代の流れで「○○」で検索というより「○○ オーダー」になり、

「○○ オーダー 特殊加工」など、より細分化されてきて、その検索ワードに適したものが上位表示できると考えているからです。

第2に上記の会話のやり取りでもあったように、お客様の疑問を払拭できそうなコンテンツを作ることで、電話等の対応時間を減らすことができ、また出来ること出来ないこともお客様が問合せ前に調べてくれるケースが増えてより人件費がカットできる上に成約率の上昇が期待できます。

第3に信頼性です。専門分野の話はその方がその業界に精通すればするほど、プロかもぐりかの判断はしやすくなるのではないでしょうか?なにか他社にサービスを依頼する際、その方が要望を理解してくれるか対応がスマートかを知る一つの指標となり、信頼性につながります。

第4にファンをつくること、これはそのサイトサービスが例えば1年に一回しか更新しないサイトであれば現状の顧客や見込み顧客様もそのサイトを訪問する機会はほとんどありません。ただ直近の情報をホームページに載せることにより、たまにはホームページを覗いてみようか?という心理が働き、単純接触の原理にてサイト訪問者をファンにできます。

第5にコンテンツを作るということは文字に起こすことになり、よりその理解を広げ、新しいサービスや商品の切り口やこれからの課題などが見えてくるきっかけになるのではないでしょうか?

では逆にコンテンツを作るデメリットは?

とくにないです。強いて言うならば書く人の時間がかかるという点です。
また書く内容もある程度その道に熟練した人でないとコンテンツとしては専門性がない(面白くないので)アルバイトや新卒の社員様に任せられないという点です。

まとめとして

コンテンツを追加していく事をお願いすると大抵「どこどこに旅行にいきました」「このお菓子めっちゃおいしい」など新卒や事務スタッフの記事を追加をして頂く会社様が多いのですが、仕業やコンサルティングや講師等その方自身がサービスの根幹にあり、人となりがわかるからのサービスでない限り、あまりお勧めできません。

どこまで行っても検索サービスというのはその情報を探している人にいち早くその答えになるページを表示するということが非常に大切になってくるので出来る限り細かく、またかゆいところに手が届くような説明があるサイトが顧客様の信頼を得てお問合せにつながるということを考えて頂くと幸いです。

seo対策をしている京都メディアの私の考えではこの流れはAIが発達すればするほどグーグルのロボットの性能が上がれば上がるほど増してくるものなので、未来のseo対策としてもこの動きは間違いではないと思います。結局SEOの話かよ?という内容になりましたが、ホームページで集客を考えるならコンテンツ増強は、最強です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました